beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

クロースが選ぶ引退試合の先発11人…レアル同僚や自身にとっての“最高選手”の名前も

このエントリーをはてなブックマークに追加

引退試合での先発11人を明かしたMFトニ・クロース

 レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが、プロとして最後の日にプレーするスタメン11人を選んだ。スペイン『カデナ・セール』が伝えている。

 これまでレバークーゼン、バイエルン、レアル、そしてドイツ代表の選手として活躍してきたクロース。弟のウニオン・ベルリンMFフェリックス・クロースとのポッドキャストでこの話題になると「時期尚早だ」指摘しつつ、自身の引退試合での先発11人を明かした。

 守護神はGKマヌエル・ノイアー(現バイエルン)で、最終ラインは右からシュテファン・ライナルツ氏(元レバークーゼン)、DFセルヒオ・ラモス(現R・マドリー)、MFゴンサロ・カストロ(元レバークーゼン)。中盤にはMFジョシュア・キミッヒ(現バイエルン)、MFカゼミーロ(現R・マドリー)、MFルカ・モドリッチ(現R・マドリー)、クロース自身が入り、前線は右からFWトーマス・ミュラー(現バイエルン)、ミロスラフ・クローゼ氏(元ドイツ代表&バイエルン)、FWクリスティアーノ・ロナウド(元R・マドリー)が選ばれた。

 S・ラモス、カゼミーロ、モドリッチといった現在のチームメイトのほか、ドイツ代表や過去の所属クラブでともにプレーした選手たちが入り、左ウイングはクロースが「これまでプレーした中で最高の選手」と称するC・ロナウドとなっている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP