beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユベントスDFデ・リフト、CL敗退に失望「自分たちのせい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

CL敗退に失望するDFマタイス・デ・リフト

 ユベントスのDFマタイス・デ・リフトはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)敗退で失望をあらわにした。UEFA公式サイトが伝えている。

 ユベントスは7日、CLラウンド16第2戦でリヨンと対戦。FWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールで2-1と勝利したものの、アウェーゴールの差で敗退が決まった。試合後、デ・リフトは「本当にがっかりしている」とこぼした。

「2-1で勝ったが、十分ではなかった。3-1にするチャンスもあったのに、それを奪えなかったのは自分たちのせいだ。敗退は僕らの責任だよ」

 また、今後については「今は肩の手術をしなければならない。回復には時間がかかりそうだ」と明かしている。デ・リフトのユベントス1年目は終了。今季はセリエAのタイトルを獲得した。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●セリエA2019-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP