beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

パトリックが後半AT決勝弾!! 劇的勝利のG大阪、暫定2位浮上…横浜FCは5連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

劇的な勝利を収めたガンバ大阪

[8.8 J1リーグ第9節 G大阪2-1横浜FC パナスタ]

 J1リーグは8日、第9節を開催し、パナソニックスタジアム吹田ではガンバ大阪横浜FCが対戦。前半34分にFWアデミウソンの得点で先制したG大阪が、後半15分に横浜FCに追い付かれながらも、同アディショナルタイムのFWパトリックの得点で勝ち越して2-1の劇的な勝利を収めた。

 ホームのG大阪は前節・川崎F戦(●0-1)から先発2人を入れ替え、FWアデミウソン、G大阪でのリーグ戦デビューとなるDF昌子源らを先発起用。一方、ここ5戦未勝利で4連敗中の横浜FCは前節・広島戦(●0-2)から先発3人を入れ替え、MF瀬古樹、DFカルフィン・ヨン・ア・ピン、DF伊野波雅彦らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 試合が動いたのは前半34分だった。左サイドから切れ込んだMF小野裕二からパスを呼び込んだMF小野瀬康介がPA外から思い切り良く右足を振り抜く。シュートはアデミウソンに当たってコースが変わると、ゴールマウスに収まってG大阪が先制に成功した。

 1-0とG大阪がリードしたまま後半を迎えると、後半15分に思わぬ形から横浜FCが試合を振り出しに戻す。DF藤春廣輝のバックパスが弱くなったところをFW皆川佑介が奪うと、飛び出したGK東口順昭ともつれながらも、こぼれ球に走り込んだFW斉藤光毅が蹴り込んでスコアは1-1となった。

 その後は両チームともに相手守備を攻略し切れずに勝ち越しゴールが生まれないまま試合が進むが、後半アディショナルタイムに劇的なゴールが生まれる。MF井手口陽介が蹴り出した左CKをパトリックがヘディングで叩き込み、G大阪が2-1の勝利を収めた。勝ち点3を上積みしたG大阪は暫定ながらも2位に浮上し、敗れた横浜FCは5連敗を喫することになった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP