beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

京都橘10番FW西野太陽の“地元”徳島加入が内定「ゴールに絡むプレーを見てほしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都橘高FW西野太陽が来季徳島へ

 徳島ヴォルティスは11日、京都橘高に所属するFW西野太陽(18)の2021年シーズンの新加入が内定したことを発表した。また、「2020年JFA・Jリーグ特別指定選手」として同選手を申請し、8月4日付で認定されたことも併せて報告している。

 西野は徳島県徳島市出身で、京都橘に進学する前は地元の徳島ジュニアユースでプレー。昨年から京都橘の10番を背負い、U-17日本代表候補にも選出された。

 加入内定に際してクラブ公式サイトを通じ、「ジュニアユースの時にお世話になったこのクラブに、プロサッカー選手として戻ってこられたことをとても嬉しく思います。これまで自分を支えてくれた方々に本当に感謝しています。ファン・サポーターの皆さんには、スペースに流れてチャンスをつくったり、ゴールに絡むプレーを見てほしいと思います。チームの勝利に貢献できるように精一杯戦います」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●FW西野太陽
(にしの・たいよう)
■生年月日
2002年8月10日(18歳)
■出身地
徳島県徳島市
■身長/体重
180cm/65kg
■背番号
39
■ユニフォーム表記
TAIYO
■経歴
徳島Jrユース-京都橘高

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP