beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10人感染の鳥栖、リーグ戦3試合も中止決定「心よりお詫び申し上げます」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 サガン鳥栖は13日、新型コロナウイルスのクラスターが発生したのを受け、トップチームのトレーニングを24日まで休止すると発表した。アカデミー、スクール活動も当面の間、行わないという。

 活動休止の間、鳥栖は15日にJ1第10節のガンバ大阪戦、19日にJ1第11節のベガルタ仙台戦、23日にJ1第12節の北海道コンサドーレ札幌戦を控えていたが、3試合の延期も決定した。中止試合は12日のルヴァン杯サンフレッチェ広島戦に続いて合計4試合にのぼった。

 鳥栖は公式サイトを通じて竹原稔社長の名義で声明を発表し、「ガンバ大阪、ベガルタ仙台、北海道コンサドーレ札幌に関わる全ての皆様に心よりお詫び申し上げます。また、Jリーグの運営に関わる全ての皆様、試合を楽しみにされている皆様に、ご心配をおかけいたしましたこと大変申し訳ございません」と陳謝した。

 その上で「この度、クラブとしての管理・マネジメント不足への指摘につきましても真摯に受け止めて全社をあげて改善して参ります。改善方法につきましては、Jリーグの定めたガイドラインやプロトコルに従って対応を進めることは当然として、Jリーグ関係者および専門家の皆さまのご支援とご指導を賜りながら最善を尽くしてまいります。今後はしばらく活動自粛期間となりますが、この期間にも新型コロナウイルス感染症対策を見直して強化した上で、選手、スタッフ、関係者全員に再度周知、徹底をはかっていきます事をお約束いたします。改めましてこの度は、ファン・サポーターの皆様、関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけした事を深くお詫び申し上げます」と伝えている。

 鳥栖では今月10日、発熱などの症状がみられた金明輝監督の感染が判明し、11日に追加のPCR検査をチーム内の89人に対して実施。結果が12日に判明し、うち80人が陰性だったが、選手6人とスタッフ3人が「陽性疑い」で再検査へ。そのうち選手・スタッフ1人ずつは11日に発熱していたため、12日に抗原検査を受けて陽性が確認された。これを受けて同日午後、ルヴァン杯広島戦の中止が決定。夜には再検査の結果が分かり、9人全員から陽性判定が出た。発熱した2人以外は全員が無症状だった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP