beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ミュラーがメッシ対策を語る「1人が抜かれたら次の選手。それが無理なら3人目」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFトーマス・ミュラーがメッシ対策を語る

 バイエルンは14日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝でバルセロナと対戦。MFトーマス・ミュラーはFWリオネル・メッシ対策を語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。

 欧州サッカーは軒並みリーグ戦を終え、長きに渡った2019-20シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)とヨーロッパリーグのみとなった。14日には準々決勝でドイツ王者バイエルンとバルセロナが対戦する。

 順風満帆のバイエルンと比較し、バルセロナは今季無冠。メッシ依存の脱却を狙うも、逆に迷走が長引いてしまっている。しかし、ミュラーに慢心はない。「僕が言いたいのは、メッシは絶好調であり、1人だけで守れるような選手ではないということだ」とその実力に最大限の注意を払っている。

 33歳を迎えたメッシだが、その実力はまったく衰えを見せない。今季も公式戦43試合で31得点26アシストを記録。ミュラーは「僕の経験上、チーム一丸にならなければ彼を止めることはできない」と語り、サッカー史上最強の男の止め方を明かした。

「もし最初の選手が彼に抜かれたら、次の選手が彼を止める。それもうまくいかなければ、3人目が彼を止める。その間に1人目と2人目の選手はポジションをリカバーし、彼のことを追うんだ。たった1人でメッシを止めることはできない」

「僕らはデュエルでアグレッシブになる必要がある。とてもおもしろい試合になるだろうね。僕らの最近の試合を見れば、ずっとうまく守れていたことがわかるだろう。敵はメッシだけじゃない、バルセロナ全体を止めなければならない」

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP