beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レワンドフスキ警戒も断言!バルサ監督「メッシのレベルには達していない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝利をもたらすのはFWリオネル・メッシかFWロベルト・レワンドフスキ

 14日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝が行われ、バルセロナ(スペイン)とバイエルン(ドイツ)が対戦する。世界中が注目する大一番を控えた前日会見で、バルセロナのキケ・セティエン監督はFWリオネル・メッシとFWロベルト・レワンドフスキのエース対決について、メッシの方が優れていると主張した。『スカイスポーツ』が伝えている。

 2019-20シーズンのブンデスリーガで34ゴール、DFBポカール杯で6得点を記録し、いずれも得点王に輝いたレワンドフスキは欧州CLでもここまで13得点を記録し、得点ランク首位を走っている。今季公式戦44試合で53得点と、メッシを上回る数字を叩き出したレワンドフスキが優勢との声が出ているが、セティエン監督はこれを否定。相手エースを警戒しつつも、「レオ(・メッシ)のレベルには達していない」と主張した。

「レワンドフスキは素晴らしい選手だが、レオ(・メッシ)のレベルには達していないと思う。それは明らかじゃないかな。レワンドフスキが今すばらしい状態なのは事実だ。チャンピオンズリーグで13得点をしているし、周りの多くの選手に助けられている一方で、彼自身にもできることがたくさんある」

「まさに絶好調だが、レオもそうだ。先日のナポリ戦でも彼のそんな姿を目にすることができた。こういう選手がピッチ上にいることはいいことだと思うし、もちろん彼らのプレーは観ていて楽しいよ」

「レオ・メッシはもちろん私たちの勝利を助けてくれるが、私は常にチームの強さを信じている。メッシはアシストされなければならないし、彼の足元へボールを出さなければならないのは事実だ。彼は自力で得点できる能力を持っている。それは間違いない。だがチームの強さがなければ、レオ(の重要性)も薄れてしまう。他の選手と同じように、彼を輝かせられるのは私たちなんだ」

「バイエルンについては懸念していることが多い。彼らは非常に完成されたチームだからね。プレスもできるし、守備もうまい。非常に危険なチームだ。オフェンスにもタレントが揃っていて、プレスが効いている。だがこれはもう分かっていることだ」

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●ブンデスリーガ2019-20特集

TOP