beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

清水のJ1通算400勝&1300得点ともにお預けも…仙台とスコアレスで今季初無失点「そこは評価できる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.15 J1第10節 仙台0-0清水 ユアスタ]

 清水エスパルスは敵地でベガルタ仙台と0-0で引き分けた。J1通算400勝と1300得点にあと1とリーチをかけて臨んだ一戦だったが、いずれの達成もお預けとなった。

 中2日の試合が続く過密日程。他会場では派手な打ち合いがみられたが、みちのくでは固い試合が見られた。

 記録達成の得点が奪えなかったという点では残念な試合になったが、清水にとっては無失点が何よりの収穫になりそうだ。今季は開幕5連敗とスタートダッシュに躓いた清水だが、連敗を止めてからは4戦負けなし(2勝2分)と立ち直りをみせている。

 しかしルヴァン杯を含め、守備陣は今季全試合で失点。上位進出のためにも、まずは無失点の試合を作りたいところだった。試合後のフラッシュインタビューに答えたDF立田悠悟も「我慢強く戦った結果、チーム初の無失点。そこは評価できる」と一定の評価を下す。

 しかし得点を決めないと絶対に勝ち点3にはならない。「もっとボールを握って流れの中で点が取れればよかった」と反省すると、「DFだけじゃなく、前の選手も共通意識を持って守備が出来ている。これをいい形で得点に繋げられるようにいい準備をしていきたい」と次なる戦いを見据えた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP