beacon

インテルが衝撃5発でシャフタールを粉砕&決勝進出!! EL制覇を懸けセビージャと対戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

インテルが5-0で大勝

[8.17 EL準決勝 インテル5-0シャフタール]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)準決勝が17日、ドイツ・ デュッセルドルフのメルクール・シュピール・アレーナで開催された。インテル(イタリア)はシャフタール(ウクライナ)と対戦し、圧巻のゴールラッシュを見せて5-0の大勝。21日の決勝で優勝を懸け、セビージャ(スペイン)と激突する。

 今季セリエA最少失点の堅守を誇るインテルは、シャフタールにボールを持たせながら隙をうかがうと、前半19分に先制した。GKアンドリー・ピャトフのミドルパスをカットしたMFニコロ・バレッラが右サイドに流れ、右足でクロスを供給。PA内中央でDFセルヒー・クリフツォフの前に入ったFWラウタロ・マルティネスがヘッドでゴール左に叩き込み、1-0とした。

 1点ビハインドで折り返したシャフタールは後半17分に最大のチャンスを迎える。左サイドのDFミコラ・マトビエンコが左足でクロスを送り、ゴール前でマークを外したFWジュニオル・モラエスがヘディングシュート。しかし、GKサミール・ハンダノビッチの正面を突き、同点弾とはならない。

 ピンチをしのいだインテルは直後の後半19分に追加点を奪取。右CKからキッカーのMFマルセロ・ブロゾビッチが右足でクロスを入れ、ファーのDFダニーロ・ダンブロージオが頭でゴール右に押し込む。同29分にはカウンターからラウタロ・マルティネスが右足で流し込み、この日2点目をマークした。

 さらに後半33分、ラウタロ・マルティネスが相手のパスミスを逃さずにボールを拾うと、キープからPA内右につなぎ、受けたFWロメル・ルカクが左足で確実に決める。ルカクは大会記録を自ら更新する10試合連続ゴールとなった。

 インテルの猛攻は止まらない。後半39分、ハーフウェーライン付近でボールを持ったルカクがドリブルでPA内右に突進し、右足でGKピャトフの股を抜くシュート。5-0で相手を粉砕したインテルが、ドイツ・ケルンで行われるファイナルに駒を進めた。

●ヨーロッパリーグ(EL)19-20特集
●セリエA2019-20特集
●日本人選手の活躍をチェック!!“初月無料”DAZN独占配信

TOP