beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大規模なチーム再編の第一歩…バルサがセティエン監督の解任を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

解任が発表されたキケ・セティエン監督

 バルセロナは17日、キケ・セティエン監督(61)の解任を発表した。

 クラブは公式サイト上で「取締役会は、キケ・セティエンがトップチームの監督の座から離れることで合意した。これは、トップチームの大規模な再編の枠組みの中での最初の決定であり、現在の強化担当と数日以内に発表される新監督の間で、コンセンサスを図ることになる」とコメントしている。

 過去にベティスなどを率いたセティエン氏は今年1月、エルネスト・バルベルデ前監督の後任としてバルセロナの新指揮官に就任。2022年6月30日までの契約だった。しかし、シーズン終盤まで首位に立っていたリーガ・エスパニョーラはレアル・マドリーに抜かれて3連覇を逃し、コパ・デル・レイも準々決勝敗退。UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)ではバイエルンに2-8と歴史的な惨敗を喫し、ベスト8敗退で12年ぶりの無冠が決定していた。

 後任候補にはオランダ代表を率いるロナルド・クーマン監督や元トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ氏、バルセロナOBで現在はモントリオール・インパクト(米MLS)の指揮官を務めるティエリ・アンリ氏などの名前が挙がっている。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP