beacon

ニャブリ2発のバイエルンが7季ぶりCL制覇に王手!! リヨンは史上初の決勝進出ならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンが3-0でリヨンを下し、ファイナルに進出した

[8.19 欧州CL準決勝 リヨン0-3バイエルン]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は19日、準決勝を行い、バイエルン(ドイツ)がリヨン(フランス)を3-0で破った。独王者バイエルンは2012-13シーズン以来、7シーズンぶり6度目のCL制覇に王手。23日の決勝ではパリSG(フランス)と対戦する。

 序盤はリヨンが高速カウンターで押し込み、前半4分、相手のパスを奪ったMFマクサンス・カケレが前線にスルーパスを通すと、抜け出したFWメンフィス・デパイがチャンスを迎えるが、シュートは枠外。前半17分にも背後に抜け出したFWカール・トコ・エカンビが決定的な左足シュートを打ったが、惜しくも右ポストを叩いた。

 リヨンが絶好の先制機を逃すと、直後にバイエルンが先手を取った。18分、MFセルジュ・ニャブリが鋭いドリブルで右からカットイン。スピードに乗ってPAまで運ぶと、最後は7人に囲まれた密集から左足を振り抜き、強烈な弾丸シュートを突き刺した。

 さらに前半32分、中盤でボールをカットしたニャブリがドリブルで持ち上がり、MFイバン・ペリシッチへのスルーパスを選択すると、ペリシッチはPA左からクロスを配給。FWロベルト・レバンドフスキが押し込もうとしたが、GKアントニー・ロペスがセーブ。それでも、こぼれ球に詰めたニャブリが押し込み、ドッペルパック(1試合2得点)を達成した。

リヨンは後半反撃に出るが、FWムサ・デンベレとの1対1を防ぐなどGKマヌエル・ノイアーが安定したセーブを連発。すると後半43分、MFヨシュア・キミッヒが右FKを蹴り込み、ファーサイドのレワンドフスキが高い打点からヘッドで叩き込んだ。今季CL得点ランクトップのレワンドフスキは大会15点目。リヨンは0-3で敗れ、クラブ史上初のファイナル進出を逃した。

●チャンピオンズリーグ(CL)19-20特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZN独占配信

TOP