beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアル・マドリーで構想外のベイル、今夏トッテナム復帰も?指揮官モウリーニョは歓迎の意向

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル・マドリーFWガレス・ベイルは、古巣帰還か

 レアル・マドリーで不遇をかこっているウェールズ代表FWガレス・ベイルは、古巣トッテナムへと帰還することになるかもしれない。

『メディアセット』グループ傘下のスペイン『Cuatro』は「トッテナム指揮官ジョゼ・モウリーニョはベイルの復帰を望んでいる」と伝えた。

「新型コロナウイルスが拡大したあと、ベイルは出場機会を減らした。また、レアル・マドリーが今夏すべきことの一つとして、このFWをどうリリースするかといいう問題がある。このウェールズ人は約1700万ユーロ(約20億円)という巨額のサラリーを手にしている点も大きなデメリットだ」

「ベイルはトッテナムの選手として育った。レアル・マドリーとサインをする前、幸せだった時の光景を再び見ることができるだろう」

 ベイルは19-20シーズン、リーグ戦16試合2ゴールの成績を残した。レアル・マドリーにおいては出場機会を減らし、ジネディーヌ・ジダン監督もウェールズ代表FWに見切りをつけているとの見方も。

 かつてベイルはトッテナムに2007年~2013年まで籍を置いていた。スペインでの7シーズンを経て、ロンドン帰還となるのだろうか。今夏の移籍市場が閉幕するまでに決着することになるかもしれない。

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集

●プレミアリーグ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP