beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FCがJ1リーグでクラブ史上初の3連勝!! 清水は後半ATに劇的追撃弾も及ばず

このエントリーをはてなブックマークに追加

J1リーグでクラブ初となる3連勝を飾った横浜FC

[8.22 J1第12節 清水2-3横浜FC アイスタ]

 J1第12節が22日に行われ、横浜FC清水エスパルスに3-2で勝利した。横浜FCはJ1リーグではクラブ史上初となる3連勝。今季4勝目を飾り、前回J1を戦った2007シーズンの年間勝利数に第12節で早くも並んだ。

 横浜FCは前半18分、皆川が右ポスト直撃のシュートを放つなどゴールに迫り、前半25分に均衡を破った。DF伊野波雅彦から鋭い縦パスが入り、MF松浦拓弥との巧みなワンツーで抜け出したFW斉藤光毅がPA右手前から右足を一閃。相手DFに当たったミドルシュートはコースが変わり、ゴールマウスに吸い込まれた。

 清水は交代枠を使い、前半32分、負傷したとみられるDFヴァウドを下げてDF岡崎慎を投入。徐々に攻撃の流れを引き寄せると、MFヘナト・アウグストが高い位置でボールを奪取し、ショートカウンターへ。前半44分、ヘナトが斜めにスルーパスを出すと、エリア内に抜け出したのはFW金子翔太。PA内右から右足を振り抜き、GKの股下を抜いてゴール左隅に突き刺した。

 1-1に追いついたが、その直後に横浜FCが再びリードを奪う。前半アディショナルタイム2分、パス回しで相手を揺さぶった横浜FCは右サイドからDFマギーニョがアーリークロスを入れ、ニアサイドの皆川がダイビングヘッドで突き刺し、2試合連続ゴールをマークした。

 2-1で折り返した横浜FCは後半立ち上がりに次の一点を奪う。後半5分、カウンターから得意のドリブルを開始した松尾はスピードを上げて岡崎を振り切り、エリア内に侵入。そのまま切れ込んでGKとの1対1も制し、右足シュートを突き刺した。

 清水は後半38分、MF竹内涼のスルーパスで抜け出したFWティーラシン・デーンダーが決定機を迎えるが、飛び出したGK南雄太がセーブ。この場面でマギーニョが負傷し、MF瀬古樹と交代した。後半アディショナルタイムには竹内のミドルシュートが相手に当たってゴールマウスに吸い込まれ、1点差。終了間際に意地を見せたが、清水は2-3で敗戦。連敗を喫し、J1通算400勝は持ち越しとなった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP