beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

トッテナム主将ロリス「モウリーニョがチームを大きく変えた」新シーズンに意気込む

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョゼ・モウリーニョ監督がトッテナムに与えた影響とは

 トッテナム主将、フランス代表GKウーゴ・ロリスは、指揮官ジョゼ・モウリーニョがチームを大きく変えたと認識しているようだ。

 ロリスはチームの公式メディアを通して指揮官について言及。「ジョゼは勝利のメンタリティをトッテナムにもたらした」と語っている。

「シーズンの途中からジョゼがやってきて、トッテナムは大きく変わった。以前とプレーに対するアプローチが大きく変ぼうを遂げたと言うべきかな。監督が選手たちに求める要求が変わったし、必然的にフットボールも進化した」

「チームとして目指すべき方向性が明確になったことも大きいと思う。ジョゼは勝利に対する欲求をチームに植え付けた」

 そしてトッテナム主将は新シーズンでの優勝争い返り咲きに意欲を示している。

「まずはシーズンに区切りを付け、新たなシーズンに向けてリフレッシュした状態で臨むことが重要だ。20-21シーズンこそはうまくスタートすることが必要となるね。過去何シーズンかは序盤でポイントを失い、出だしでくじかれることがあった。それはシーズン終盤になると大きなダメージとして返ってくるからね」

 新シーズンのプレミアリーグ第1節は9月12日、ホームでのエバートン戦となる。ロリスはこの試合に向け「ホームでの開幕はとても良いこと。だけどエバートンは競争力のあるチームで、いつも難しい相手だ。この試合に向けて準備を整えたいね」と抱負を口にしている。

●プレミアリーグ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP