beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

伝説の終焉へ…リオネル・メッシが16年間過ごしたバルセロナに退団の意思を伝える

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWリオネル・メッシのバルセロナ退団が秒読みに

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)がバルセロナに退団の意思を伝えた。25日、スペイン『アス』や『マルカ』などが伝えている。

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝でバイエルンに2-8と大敗を喫し、2019-20シーズンを無冠で終えたバルセロナは17日にキケ・セティエン監督の解任を発表。19日に新指揮官としてクラブOBであるロナルド・クーマン氏が就任していた。新指揮官はさっそく改革を断行し、24日には新指揮官がFWルイス・スアレスに戦力外通告を下していた。

 メッシは以前からクラブへの不満を訴えており、今回の改革の波で鬱憤が爆発。下部組織から04年にトップチームデビューを果たした生きる伝説は、16年間を過ごしたクラブを去る決断をした。移籍情報サイト『transfermarkt』によると、アルゼンチン『TyC Sports』が退団の情報をいち早く伝えており、メッシはバルセロナに退団の意思を記したFAXを送ったという。現在、クラブ側は協議に入っている。

『アス』によると、本来なら21年シーズンまでの契約となっていたが、メッシは特別な条項として毎シーズン終了時に一方的に契約を終了にできる項目を設定。6月10日にはその有効期限が過ぎていたものの、新型コロナ禍を理由に期限を延長し、その権利を行使するつもりだ。今後の移籍先として、恩師ジョゼップ・グアルディオラがいるマンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッド、インテルなどが候補に挙がっている。

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP