beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J・サントス3戦5発!畠中J1初ゴール、仲川も今季初弾! 横浜FMが札幌破り今季初の3連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜F・マリノスが今季初の3連勝

[8.26 J1第29節 横浜FM 4-1 札幌 日産ス]

J1第29節が26日に行われ、横浜F・マリノスはホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦し、4-1で勝利した。新戦力のFWジュニオール・サントスが2ゴールを挙げ、3戦5発と絶好調。横浜FMは今季初の3連勝を飾った。

 横浜FMは23日に行われた第12節広島戦(○3-1)から5人を変更。DF畠中槙之輔が3試合ぶりに先発に復帰し、ルーキーFW松田詠太郎がJ1初先発を飾った。対する札幌は前節の鳥栖戦が中止になり、1週間ぶりのリーグ戦。19日の大分戦(△1-1)と同じスターティングイレブンが並んだ。[スタメン&布陣はコチラ]

 横浜FMが幸先良く先制に成功した。前半8分、左サイドのパス交換からDF高野遼がJ・サントスにつなぐ。J・サントスはペナルティアーク内で対峙したDF進藤亮佑を外すと、強烈な右足シュートをゴール左に蹴り込んだ。

 3試合連続ゴールとなったJ・サントスは止まらない。前半40分、右サイド深い位置からDF松原健がスローインを入れ、MF和田拓也がそのままワンタッチで折り返す。GK菅野孝憲が弾いたが、こぼれ球に反応したJ・サントスが押し込み、2-0に突き放した。

 ハーフタイム明けに横浜FMはMF天野純を投入。反撃に出たい札幌は3枚替えを行い、MF中野嘉大、FWアンデルソン・ロペス、FWドウグラス・オリヴェイラを送り込んだ。後半5分にはA・ロペスとのワンツーからD・オリヴェイラが決定的なシュートを打ったが、惜しくもゴール上に外れ、好機を逸した。

 すると、次の一点を奪ったのも横浜FMだった。後半7分、CKの流れから、PA手前で競り勝った松田が頭でつなぐと、ペナルティエリア内に残っていた畠中が浮き球に反応。切り返して進藤をかわすと、利き足ではない左足に持ち替えて低い弾道のシュートを突き刺し、J1初ゴールを挙げた。

 札幌は後半15分、D・オリヴェイラがPA左手前から放ったシュートが惜しくもクロスバーを直撃。横浜FMは後半40分にMF仲川輝人が待望の今季リーグ初ゴールを挙げ、ダメ押しの4点目。終了間際にA・ロペスが1点を返したが、横浜FMが4-1で勝利し、今季初の3連勝を飾った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP