beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

川崎F三笘→旗手ルーキーホットライン「感覚で打った」同点弾!滑りまくるピッチには…

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW旗手怜央のJ1リーグ初ゴールでドローに持ち込んだ

[8.26 J1第24節 神戸2-2川崎F ノエスタ]

 前節、名古屋に敗れて連勝が10で止まった川崎フロンターレ。中2日で臨んだ敵地でのヴィッセル神戸との一戦も逆転を許す苦しいゲーム展開となったが、大卒ルーキーFW旗手怜央のJ1リーグ戦初ゴールによって同点に追いつき、勝ち点1をもぎ取った。

 チームを救う得点になった。前半23分にMF大島僚太のゴールで先制した川崎Fだったが、立て続けの2失点で前半だけで逆転を許す。それでも名古屋戦で負傷交代したMF三笘薫を後半から投入すると、30分、ゴール前でこぼれたボールを三笘が入れ直すと、同期のルーキーFW旗手怜央が胸トラップから左足ボレー弾。ドローに持ち込む強烈な一撃をお見舞いした。

 昨年、旗手は世界一になったユニバーシアード代表のキャプテンを経験。大学No.1ストライカーとしてプロキャリアをスタートさせた。しかし開幕戦に途中出場するなど、コンスタントに出場機会を得てきたが、得点はルヴァン杯で奪った1得点のみ。得点を量産する三笘に後れを取っていた。

 試合後、フラッシュインタビューに答えた旗手は「薫からボールが来て、何も考えずに胸トラして、コースも見ていなかった。感覚で打ったら入ったので良かった」と初々しい答え。「次はチームが勝てるゴールを決められるように頑張りたい」と気を引き締めた。

 続いてオンライン記者会見にも出席。リーグ初ゴールが三笘からのパスになったことについては、「あのパスは本当はゴロで欲しかったけど…」と苦笑いで答えるも、「浮き球で来たのでシュートしかないと思った。練習していた形だった」と完璧なゴールシーンには胸を張る。

 また多くの選手がピッチに足を取られる場面が目立った試合にもなったが、これについては旗手も「めっちゃ滑ってました。すごくやりにくいピッチでした」とコメント。それでも「後半は良さを出してプレーできたと思う」と納得の表情で話した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP