beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「非常に重要だ」モウリーニョが韓国語を勉強中と明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国語を学んでいるジョゼ・モウリーニョ監督

 トッテナムジョゼ・モウリーニョ監督が韓国代表FWソン・フンミンとより良いコミュニケーションを取るため、7つ目の言語として韓国語を学んでいることを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。

 モウリーニョ監督は『アマゾン・プライム』のインタビューで「グループで一緒にいる時、コミュニケーションは非常に重要だ。それを構成する人々の言語を話すことは、クラブの文化を尊重している」と説明。「私は選手たちに、彼らの母国語で話しかけるようにしている」と続け、現在はソン・フンミンと韓国語で話せるよう努力していると打ち明けた。

 ソン・フンミンはトッテナムで通算229試合に出場し、85ゴール47アシストを記録。2015年夏にレバークーゼンから移籍し、チームに欠かせない存在となっている。

 現在、モウリーニョ監督が話すのはポルトガル語、スペイン語、カタルーニャ語、英語、フランス語、イタリア語。韓国語をマスターすれば7か国語目となる。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP