beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FM、J1&J2の元“日本人得点王”大島秀夫氏をコーチに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

大島秀夫氏が横浜FMコーチに登録された

 Jリーグは28日、横浜F・マリノス大島秀夫氏(40)をトップチームのコーチとして追加登録したことを発表した。29日にアウェーで行われるJ1第13節・神戸戦から公式戦でのベンチ入りが可能となる。

 前橋育英高出身の大島氏は1998年に横浜Fでプロ生活を始め、99年に京都、2001年に山形へ加入。04年にはJ2リーグ戦で22ゴールを挙げ、日本人得点王(得点ランク2位タイ)となった。05年に移籍した横浜FMでも07年にJ1リーグ戦14ゴールで日本人得点王(得点ランク7位タイ)になるなど、08年までストライカーとして活躍。その後、新潟、千葉、札幌、北九州でプレーし、16年シーズン限りで現役を引退した。公式戦通算では567試合に出場して107ゴールを記録。引退後の17年に横浜F・マリノスユースのコーチに就任していた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP