beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

内田篤人が衝撃を受けた海外3選手

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役を引退したDF内田篤人

 シャルケが29日に日本語版公式ツイッター(@s04_jp)を更新し、現役を引退した鹿島アントラーズDF内田篤人の名シーンを収めた動画を投稿した。

 内田は20日、今月末をもって鹿島との契約を終了し、現役を引退することを発表。23日にホームで開催されたJ1第12節のG大阪戦(△1-1)を最後に、惜しまれながらもスパイクを脱いだ。

 24日にはオンラインで引退会見を実施。現役生活を振り返る中で、衝撃を受けた海外選手としてシャルケ時代のチームメイトだった元スペイン代表FWのラウル・ゴンサレス氏、ペルー代表FWジェファーソン・ファルファン、元オランダ代表FWクラース・ヤン・フンテラールの名前を挙げていた。

 シャルケはこれにかけ、29日に「#内田篤人 選手が、衝撃を受けた選手に @RaulGonzalez、#ファルファン と共に名を挙げた@KJ_Huntelaar」とツイート。これまで『#Bestof内田S04』と題し、シャルケ所属時の名場面を紹介してきたクラブは、今回の投稿で内田とフンテラールのコンビネーションから生まれた鮮やかなゴールを取り上げた。

 その試合は2014-15シーズンのブンデスリーガ第10節アウクスブルク戦(○1-0)。前半37分、右サイドの内田がドリブルで長い距離を駆け上がり、ゴールライン際で倒れながらクロスを送ると、ゴール前でマークを外したフンテラールが右足で押し込んだ。

 クラブは「2014-15シーズンの @FCA_World 戦では、その #フンテラール への素晴らしいアシストで勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチにも選ばれました」と当時の活躍を振り返っている。

 内田はシャルケで通算153試合に出場し、2ゴール18アシストを記録。退団時にはセレモニーが行われるなど、現在も相思相愛の関係が続いている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●ブンデスリーガ2020-21特集
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP