beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スペインメディア「これ以上はない」久保建英、再びSNS上でバズる

このエントリーをはてなブックマークに追加

華麗なプレーを披露したMF久保建英

 ビジャレアルMF久保建英のスーパープレーがSNS上を賑わせている。所属元であるレアル・マドリーの専門メディア『デフェンサ・セントラル』が「タケ・クボがビジャレアルで再び輝きを放ち、またしてもSNS上でバズった」として伝えた。

 クラブは8月31日、公式ツイッター(@VillarrealCF)でトレーニング中の動画を投稿。サイド攻撃の練習で左からのクロスにニアで反応した久保は、左足の華麗なヒールキックでゴール左に流し込んだ。ニア寄りにポジションを取っていたGKは意表を突かれ、一歩も動けないまま立ち尽くすしかなかった。

 同メディアは「タケ・クボはビジャレアルのトレーニングで輝きを放ち続けており、盛大にそれをこなしている。日本のクラックは素晴らしいゴラッソを決めた…かかとで!」と絶賛。「ビジャレアルのネットワークはクボが現れるたびに爆発している」とレポートしている。

 これまでのプレシーズンマッチ3試合でウナイ・エメリ新監督は久保に一度しかスタメンの機会を与えていないが、同メディアは「日本人はトレーニングでこれ以上の信用を与えることはできない。今日のセッションでは、彼は再び自分の姿を見せてくれた」と指揮官へのアピールを強調した。


●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集

TOP