beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

交代出場の首藤、椎葉がゴール。大分鶴崎が10年ぶりV:大分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 令和2年度 第68回大分県高校総合体育大会サッカー競技は7月30日に決勝戦を行い、大分鶴崎高が延長戦の末、大分高に2-1で勝利。10年ぶり7回目の優勝を果たした。

 試合は後半13分、大分がMF前園陽人のゴールで先制。だが、大分鶴崎は後半29分、DF高崎真汰からのパスを受けた交代出場MF首藤大幸が同点ゴールを奪う。そして1-1で突入した延長戦の前半6分、DF遠山隼都のパスを交代出場FW椎葉侓羽が頭で合わせて決勝点を挙げた。

【大分】
[決勝]
大分鶴崎高 2-1(延長)大分高

[準決勝]
中津東高 0-1 大分鶴崎高
大分高 2-1 日本文理大附高

[準々決勝]
中津東高 2-0 柳ヶ浦高
大分鶴崎高 2-1 中津南高
大分高 3-0 別府鶴見丘高
日本文理大附高 2-1(延長)大分南高

●【特設】高校総体2020

TOP