beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブラサカ全国大会「アクサ×KPMG ブラインドサッカー2020カップ」が10月4日に開幕!

このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:日本ブラインドサッカー協会

日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は全国大会「〜ブラインドサッカーを未来へつなごう〜 アクサ×KPMG ブラインドサッカー2020カップ(以下アクサ×KPMG 2020カップ)」を開催することを発表した。10月4日に大阪のJ-GREEN 堺で開幕し、2020年10月から2021年2月にわたって、全8会場で開催する。

大会形式は1stラウンドを全国5会場で開催し、勝ち上がった8チームが2会場に分かれて準決勝ラウンドに出場。各会場の上位2チームが、決勝ラウンドに出場し、決勝戦・3位決定戦を戦う。

JBFAは例年、ブラインドサッカーのクラブチームを対象に「アクサ ブレイブカップ」(日本選手権)と、KPMGカップ(クラブチーム選手権)の2つの全国大会を開催してきた。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、例年どおりの大会開催は困難と判断。他の競技団体も移動に伴う感染リスクを重く見て全国規模の大会を断念するケースが多い中、JBFAでは7月以降、感染対策を行いながら順次活動を再開を活動してきた各チームの活動推進に寄与するため、選手たちの試合機会を設けるために知恵を絞ってきた。

そこで一会場あたりの規模を抑えながら、長期間にわたっての分散開催を模索。大会スポンサーであるアクサ生命株式会社とKPMGジャパンの2社からも賛同を得て、実現に至った。大会名の最初に「〜ブラインドサッカーを未来へつなごう〜」を入れたのは、コロナ禍により先が見通しづらい社会情勢においても、試合機会を創出することでブラインドサッカーの未来につながる大会にしたい、という思いが込められている。

この大会は、感染防止には最大限の注意を払いながら、競技者、観客、スタッフが安全に参画し、楽しめるよう、全国大会としては初となる、全試合映像を生配信することも決定した。

▼大会概要
<1stラウンド>
2020年
・10月 4日(日)J-GREEN 堺(大阪府堺市)
・10月17日(土)フットサルドームPIVOX広島(広島県広島市)
・10月18日(日)本庄市若泉運動公園多目的グラウンド(埼玉県本庄市)
・10月25日(日)常総運動公園(茨城県守谷市)
・11月14日(土)天王洲公園野球場C面(東京都品川区)

<準決勝ラウンド>
・2021年1〜2月に2会場で開催予定

<決勝ラウンド>
・2021年1〜2月に1会場で開催予定

※大会形式
1stラウンドを全国5会場で開催し。勝ち上がった8チームが2会場に分かれて準決勝ラウンドに出場。各会場の上位2チームが、決勝ラウンドに出場し、決勝戦・3位決定戦を戦う。

▼大会特設HPはこちら

▼配信方法:JBFAの公式YouTubeアカウント(https://bit.ly/34svUhl )にて、全試合YouTube Liveで生配信
 ※データ通信量が多くなることが想定されるため、視聴時にはWi-Fiの利用を推奨
 ※1stラウンド会場への入場は、大会関係者のみ。

(取材・文 林健太郎)

●ブラサカ/障がい者サッカー特集ページ
●日本障がい者サッカー連盟(JIFF)のページはこちら

TOP