beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

休養明けオルンガ開始2分弾&江坂2発!!柏がG大阪との上位対決に快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

[9.9 J1第15節 柏3-0G大阪 三協F柏]

 柏レイソルがホームでガンバ大阪に3-0で勝利した。柏は2連勝。G大阪は2試合ぶりとなる今季5敗目を喫した。

 前節は休養が与えられた休養十分の怪物FWがいきなり吠えた。前半2分、バックラインのDF古賀太陽から出されたロングボールで裏を取ったFWオルンガが左足で何なくゴール右隅に決めてみせる。エースストライカーの今季15点目で柏が先制に成功する。

 続く得点は前半40分、右サイドに流れたボールをDF三丸拡が折り返すと、FW江坂任がヘディングで合わせる。背番号10の2戦連続となるゴールで、柏が2点のリードを持って前半を折り返す。

 反撃したいG大阪も後半13分に一気の3枚替え。FWパトリックやFW渡邉千真を投入して流れを変えに行く。しかし直後の決定機、FW宇佐美貴史のクロスのこぼれ球に詰めたDF藤春廣輝のシュートはGKキム・スンギュの正面。弾かれたボールに反応したMF山本悠樹のミドルはディフレクションしたが、わずかにゴール左に外れた。

 すると後半17分、柏は右に流れたFW呉屋大翔がクロス。ニアのオルンガには合わなかったが、ファーサイドの江坂がまたも頭で押し込み、強力トライアングルで勝利をグッと引き寄せる。終盤、MF戸嶋祥郎や呉屋がGKとの1対1を立て続けに迎えた決定機を決めきることが出来なかったが、柏が勝ち点23で並ぶチーム同士の上位対決を快勝で飾った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP