beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「トッテナムでプレーするか引退するか、どっち?」エジルの回答が話題「優勝したくないなら…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルMFメスト・エジルの回答が話題に

 アーセナルMFメスト・エジルは、開幕迫るプレミアリーグ新シーズンへ向けて準備ができていることを強調した。

 昨季は再開以降一度も出場がなく、ミケル・アルテタ監督の構想外とされるエジル。しかし先日『The Athletic』に対し、「僕の姿勢は明確だ。契約の最終日までここにとどまるよ。このクラブのために全力を尽くす」と、2021年6月までの契約を全うする姿勢を強調していた。

 新シーズン開幕を告げるコミュニティー・シールドでもメンバー外となっていたエジルだが、現在はチームの練習に参加している。9日には自身のツイッターでファンからの質問に答えた元ドイツ代表MFは、12日のフラムとの開幕戦について問われると「フィットしているし準備もできている。ベストを尽くしているよ」と返答。そして「残念ながら週末のスカッドを決めるのは僕次第ではない。様子を見てみよう!」と綴り、コンディションは万全であることを強調した。

 またエジルは、2018年までアーセナルを22年間指揮した恩師アーセン・ベンゲル氏を「3つの単語で表現して」と問われると、「ジェントルマン、レジェンド、インビンシブル」と回答。また2003-04シーズンに無敗優勝を達成したチームの選手で「誰とプレーしたい?」との質問には、「選ぶのは本当に難しいね。ティエリ・アンリ、デニス・ベルカンプ、ロベール・ピレス……全員が素晴らしかった。でも1人選ぶとすれば、親友のロベールだね。彼の創造性には感銘を受けたよ」と答えている。

 そして、アーセナルの宿敵トッテナムについても回答。「トッテナムでプレーするか引退するか、2つの選択肢ならばどうする?」と問われると、「もしカップ戦で優勝したくなかったら、トッテナムに行くね」と、2007-08シーズン以来タイトルから遠ざかる宿敵を皮肉っている。なおこのツイートは日本時間10日現在で3.3万件のリツイート、12万近いいいねを獲得している。

●プレミアリーグ2020-21特集
●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP