beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

町田内定CB奈良坂巧が桐光学園で貫いた「試合で100%出し切る」「何かを学ぶ」姿勢。先輩封じて「成長したな」と言われるDFへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC町田ゼルビア入りが内定した桐光学園高CB奈良坂巧。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 残り半年の高校生活でも学び続け、先輩に成長した姿を見せる。FC町田ゼルビアは10日、桐光学園高(神奈川)CB奈良坂巧の2021年シーズンへ向けた加入内定と仮契約を結んだことを発表した。

 奈良坂は昨夏のインターハイでチームの中心選手として日本一。大会優秀選手に選出され、今年は日本高校選抜候補にも選出された大型DFだ。桐光学園進学時はトップ下やボランチの選手。チーム内での評価がトップクラスだった訳ではない。それでも、桐光学園で常に全力を出すこと、学ぶことを貫き、それをCBでの成長に繋げてきた。

 奈良坂は桐光学園に入学してからの2年半で得たことについて、「どんな時も諦めずに100%を出し切るというところです。多少厳しい試合になったとしても、そこから学べるものが必ずあるので、気持ちを切らさずに、全員でその試合からまだ何かを学ぼうという姿勢を見せるというところが、自分自身一番大きな成長になったと思います」と説明する。

 どんな試合でも常に100%の力を発揮し、学ぶこと、次に繋げること。常に1試合1試合から学び、成長することを繰り返してきたからこそ、インターハイ日本一を獲得し、高体連屈指のCB、プロ内定選手になることができた。

 その奈良坂はプロ入り後に偉大な先輩FW西川潤(現C大阪)と対決することを心待ちにしている。1年時には「自分はとてつもないくらいの差を見せつけられて、こういう選手がプロに行くんだと」衝撃を受けたという。だが、高校ナンバー1プレーヤーの背中を追いながら努力を続け、自身もプロ入り。高校1年時に衝撃を受けた選手とプロのピッチで戦う可能性もある。

「自分もプロ入りを勝ち取れたということで少しは近づけたと思っているんですけれども、潤くんも成長していてさらに突き放されているかもしれない。またいつか、ピッチで会った時には同等かそれ以上の活躍をして、それが潤君への恩返しにもなると思うので、そこでマッチアップした時に『オマエ成長したな』と言われるくらいの選手になりたいと思っています」。対戦した際は西川を完封するという野心も口にしていた。

 桐光学園での生活もあと半年。新型コロナウイルスの影響によって連覇のかかっていたインターハイが中止となり、現在は選手権での日本一へ向けて準備を進めている。Jリーグ内定選手の看板を背負っての大会となるが、奈良坂は「自分はプロ」「他とは違う」という感情を頭から消し去って試合に挑む考えだ。

「今まで3年間やり続けてきたような、自分の闘志を全面に出して、仲間を鼓舞してというプレースタイルを変えずに、さらに今年は3年生になったので、さらに、さらにチームを引っ張って、背中でも語れて、言葉でも語れる選手になって、3年目の選手権で全国制覇したいと思います」と誓った。これまで通りに1試合1試合から学ぶ姿勢を忘れず、来年1月まで成長し続けること。そして、強力なチームメートたちとと目標を達成し、町田でのプロ生活をスタートする。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●2020年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP