beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

背番号9、新戦力、エースがゴール…アーセナルが白星発進!! プレミア開幕戦で昇格組フルハムに快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

3発快勝で白星スタートを切ったアーセナル

[9.12 プレミアリーグ第1節 フルハム 0-3 アーセナル]

 プレミアリーグは12日、20-21シーズンの開幕を迎えた。開幕戦では昨季8位のアーセナルが昇格組のフルハムのホームに乗り込み、3-0の完封勝利で白星スタートを切った。

 ミケル・アルテタ体制2シーズン目を迎えたアーセナルは3-4-3のシステムを採用し、最終ラインの中央にはリールから獲得したDFガブリエウが構え、最前線にはFWピエール・エメリク・オーバメヤン、FWアレクサンドル・ラカゼットとともにチェルシーから加入したFWウィリアンが入った。

 前半8分に試合を動かしたのはアウェーのアーセナルだった。左サイドのオーバメヤンが送ったパスからMFグラニト・ジャカが放ったシュートは相手選手にブロックれ、こぼれ球に反応したウィリアンのシュートはGKマレク・ロダクに阻まれるが、最後は背番号9を背負うラカゼットが押し込んでスコアを1-0とした。さらに同27分にはウィリアンが鋭いFKでゴールを脅かすが、ポストを叩いて追加点とはいかず。

 1-0とアーセナルがリードしたまま後半を迎えると、同4分にウィリアンが蹴り出したCKをガブリエウがヘディングで叩き込み、アーセナルが追加点を奪取。新戦力のガブリエウにとって嬉しいプレミア初ゴールに。さらに同12分にはエースが魅せる。ウィリアンのサイドチェンジを左サイドで受けたオーバメヤンが中央に持ち出し、右足シュートで鮮やかにネットを揺らし、アーセナルのリードは3点差に広がった。

 その後、アーセナルに追加点こそ生まれなかったものの、フルハムの反撃を許さずに開幕戦を3-0で制した。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP