beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[DFB杯]契約問題に揺れる鎌田大地が先発&決勝点演出! フランクフルトが2回戦進出

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF鎌田大地が決勝点を演出した

[9.12 DFBポカール1回戦 1860ミュンヘン1-2フランクフルト]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は12日、1回戦を行い、日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルト1860ミュンヘン(3部)と対戦し、2-1で勝利した。トップ下で先発した鎌田は決勝点の起点となり、後半35分までプレー。ベンチスタートの長谷部は出番が訪れなかった。

 後半立ち上がりに2トップが連発した。後半6分、右クロスをFWバス・ドストが折り返すと、FWアンドレ・シウバがヘッドで押し込み、先制に成功。さらに後半11分、鎌田のスルーパスで抜け出したシウバがクロスを配給。今度はドストがヘッドで合わせ、2-0にリードを広げた。

 後半33分に1860ミュンヘンにPKを決められたが、反撃はここまで。フランクフルトが2-1で逃げ切り、2年連続の2回戦進出を決めた。2回戦は12月22、23日に行われる。

●海外組ガイド
●DFBポカール2020-21特集
●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP