beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柴戸海が劇的AT決勝弾!! 浦和、計7点の打ち合い制す…札幌は9試合未勝利に

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和レッズ北海道コンサドーレ札幌との打ち合いを制した

[9.13 J1リーグ第16節 札幌3-4浦和 札幌ド]

 J1リーグは13日、第16節を開催し、札幌ドームでは北海道コンサドーレ札幌浦和レッズが対戦。前半13分と同20分にFW杉本健勇が得点して浦和がリードを広げるが、同31分と同35分にFWジェイが決めて札幌が同点に追い付く。後半22分にオウンゴールで札幌が勝ち越したものの、同30分にDF槙野智章が決めると、同アディショナルタイムにMF柴戸海が決勝ゴールを奪い、浦和が4-3の勝利を収めた。

 ここ8戦未勝利(2分6敗)の札幌は9月9日のJ1第15節C大阪戦(●0-2)から先発5人を入れ替え、MFチャナティップ、MF駒井善成、MF菅大輝、MFルーカス・フェルナンデス、DF宮澤裕樹らを先発起用。一方、ここ2試合未勝利(1分1敗)の浦和は前節鳥栖戦(△2-2)から先発4人を入れ替え、杉本、MF武藤雄樹、MFエヴェルトン、DF岩波拓也らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半11分にチャンスをつかんだのはアウェーの浦和だった。PA内に侵入したMF関根貴大がチャナティップのファウルを誘ってPKを獲得。キッカーを務めた杉本がきっちりと沈め、スコアを1-0とした。杉本にとって今季リーグ戦初得点に。さらに同20分にはMF青木拓矢のパスから抜け出した杉本が追走するDF進藤亮佑に体を寄せられながらも粘り強くキープし、右足シュートでゴールを陥れてリードを2点差に広げた。

 しかし、前半31分、右サイドからL・フェルナンデスが送ったクロスをジェイがヘディングで合わせたループ気味のシュートが、緩やかな曲線を描いてゴールマウスに収まり、札幌が1点差に詰め寄る。さらに同35分には右サイドからDF福森晃斗が送ったクロスに反応したジェイが、豪快なダイビングヘッドを突き刺して試合を振り出しに戻した。

 2-2のまま後半を迎えると、両チームともに選手交代を行って勝ち越しゴールを狙いにいく。すると、後半22分、福森が蹴り出したCKが宮澤と競り合った杉本のオウンゴールを誘い、札幌が逆転に成功。しかし同30分、右サイドからMF汰木康也が送ったクロスのこぼれ球をDF槙野智章が押し込み、スコアは3-3となる。

 激しい打ち合いに終止符が打たれたのは後半アディショナルタイム。右サイドをえぐったMFマルティノスの折り返しを柴戸がねじ込み、浦和が4-3の勝利を収めた。浦和は3試合ぶりの白星を獲得し、札幌は9試合未勝利となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP