beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

田中碧2発に山村ミドル弾!日替わりヒーロー輝く川崎F、広島粉砕4連勝で首位ターン

このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎Fが4連勝で首位ターン

[9.13 J1第16節 川崎F5-1広島 等々力]

 J1リーグ第16節が13日に行われ、川崎フロンターレサンフレッチェ広島に5-1で快勝した。リーグ4試合ぶりに先発復帰したMF田中碧の2得点を含むゴールラッシュで川崎Fが4連勝。17試合を終えて14勝2分1敗の勝ち点44、ダントツ首位で前半戦を折り返した。

 川崎Fは9日の神戸戦(○3-2)から5人を入れ替え、DF山村和也、DF車屋紳太郎、田中、MF脇坂泰斗、FWレアンドロ・ダミアンが先発に復帰。対する広島は清水戦(○4-1)から6人を変更。DF野上結貴、MFハイネル、MF青山敏弘、MF柏好文、MF森島司、FWレアンドロ・ペレイラが先発入りした。[スタメン&布陣はコチラ]

 川崎Fが前半14分に均衡を破った。DFジェジエウからの縦パスをFW旗手怜央が落とすと、田中がDF山根視来とのパス交換からペナルティエリア内に侵入。田中は右足グラウンダーで強烈なシュートを放ち、ニアを破った。リーグ4試合ぶり、公式戦5試合ぶりの先発復帰となった22歳が先制ゴールを陥れた。

 劣勢だった広島も押し返し、前半31分にチャンス。MF川辺駿からL・ペレイラへのスルーパスはカットされたが、奪い返した柏がPA内右からクロスを入れ、L・ペレイラがヘディングシュート。決定的な形だったが、カバーに入った山村が冷静にクリアし、難を凌いだ。川崎Fも直後にチャンスを迎え、旗手の絶妙なアーリークロスにFW齋藤学が体勢を崩しながら右足で合わせたが、わずかに枠を外れた。

 1-0で前半を折り返した川崎Fはハーフタイム明けに2枚替え。MF三笘薫とMF大島僚太を投入して攻勢を強め、怒涛のゴールラッシュにつなげた。後半2分、三笘がハイネルをかわしてドリブルで仕掛け、一気にエリア内に侵入。ゴールライン際までえぐって折り返すと、L・ダミアンが流し込んだ。

 さらに後半5分、三笘のドリブル突破が相手DFに対応されたが、クリアボールに山村が反応。山村はPA手前から右足を振り抜き、強烈なミドルシュートを突き刺した。攻撃の手を緩めず、後半8分には齋藤が右サイドからアーリークロスを入れると、抜け出したのは田中。巧みなトラップでおさめ、右足で浮かせてGKの頭上を抜いた。後半43分にはFW小林悠がPKを沈め、ダメ押しの5点目。後半45分にMF浅野雄也が1点を返したが、川崎Fが5-1で勝利した。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP