beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ北信越]1年生MF廣井先制弾の帝京長岡、駒沢3発の金沢U-18、安藤V弾の北越が勝利:第2節

このエントリーをはてなブックマークに追加

帝京長岡高は2-0で勝利。2年生MF三宅凌太郎(左)は貴重な2点目を挙げた

 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2020 北信越は13日、第2節を行った。

 グループAで昨年の優勝校・帝京長岡高(新潟)と一昨年の優勝校・新潟明訓高(新潟)が激突。昨年度選手権全国3位でもある帝京長岡が2-0で勝った。前半、帝京長岡は狭い局面を攻略する巧さと前線のスピードを活かして攻撃。またMF川上航立主将と2年生MF三宅凌太郎が中盤でボールを奪い取るなど守備も機能した。一方、新潟明訓は抜群のスピードを持つ2年生MF内藤大夢やFW齋藤悠吾の推進力を活かした攻撃に加え、MF藤田梢紘やCB竹内豊主将が精度も見せる。後半は前からの守備で新潟明訓が押し込んだものの、2年生CB松村晟怜中心に凌いだ帝京長岡は22分、左サイドから崩し、最後はMF糸永誠也のラストパスでPAへ侵入した1年生MF廣井蘭人が先制ゴール。さらに31分には、左サイドへ飛び出した川上のクロスを三宅が頭で合わせて開幕2連勝を飾っている。

 昨年のインターハイ8強の北越高(新潟)と昇格組の松本山雅FC U-18(長野)との一戦(グループA)は、雷の影響で15分ほど遅れてのスタート。前半15分、北越はFKのこぼれ球に反応した10番FW安藤颯士が右足ダイレクトで先制点を叩き出す。右WB下間蓮之介の突破などから2点目を狙う北越に対し、松本は1年生MF近藤広琉の鋭い仕掛けなどから反撃。後半はMF稲福卓主将中心に相手を押し込む時間を増やし、交代出場で推進力を加えた右WB花塚尚生が決定機を迎えるなど北越ゴールを脅かす。北越は21分のピンチをGK平山颯太の好守で逃れると、その後もMF加藤雅久主将やDF下間蔵之介を中心とした3年生DF陣が奮闘。松本も186cmGK神田渉馬がビッグセーブを見せるなど1点差のまま試合を進め、中央、サイドから攻め続けたが、北越が1-0で粘り勝った。

 グループBはツエーゲン金沢U-18(石川)が丸岡高(福井)に3-2で勝った。丸岡のMF田中遥人とDF河上英端にゴールを許し、逆転された金沢だったが、19年U-17日本代表候補FW駒沢直哉がハットトリックの大暴れ。逆転で今季初白星を挙げた。昨年のインターハイ準優勝校・富山一高(富山)と星稜高(石川)とのライバル対決は、星稜FW伊藤士苑が先制点を挙げたが、富山一MF中川晟が同点ゴールを決め、1-1で引き分けている。

【第2節】
グループA
(9月13日)
[帝京長岡高グラウンド]
帝京長岡 2-0 新潟明訓
[帝]廣井蘭人(67分)、三宅凌太郎(76分)

[北越高グラウンド]
北越 1-0 松本U-18
[北]安藤颯士(15分)

グループB
(9月13日)
[金沢市民サッカー場]
金沢U-18 3-2 丸岡
[金]駒沢直哉3(6分、66分、82分)
[丸]田中遥人(21分)、河上英端(25分)

[富山一高グラウンド]
富山一 1-1 星稜
[富]中川晟(49分)
[星]伊藤士苑(5分)
▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ

TOP