beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

小林祐希は退団希望…ベフェレン監督「他クラブと交渉する許可を求められた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF小林祐希は退団を希望か

 ベルギー1部ベフェレンに所属するMF小林祐希が退団を希望しているとベルギー『voetbalkrant』が報じた。

 小林は16年夏に磐田からオランダ1部ヘーレンフェーンに完全移籍し、主力として3シーズンに渡って活躍。昨年9月にベフェレンに加入し、背番号10を託された。新型コロナウイルスの感染拡大によって打ち切りとなったが、昨季は20試合出場2ゴール2アシストを記録した。

 チームは最下位で降格が決まっていたが、2020-21シーズンの開幕直前に現行より2チーム多い18チームで開催することが決定し、今季も1部を戦っている。

 しかし、小林は第4節のルーベン戦まで出番がなく、第5節のクラブ・ブルージュ戦もベンチ外。試合は1-4で敗れており、『voetbalkrant』は「注目すべき欠席者」と小林を表現した。試合後の会見で、ニッキー・ハイエン監督は「コバヤシから他のクラブと交渉する許可を求められた。我々は彼に許可を与えた」と明言。小林が退団を希望していることを認めた。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2020-21特集

TOP