beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ベルギーで退団報道の小林祐希、札幌FWの「日本に帰る時間だ」に何と答えた?

このエントリーをはてなブックマークに追加

去就について語ったMF小林祐希

 ベフェレン(ベルギー1部)に所属するMF小林祐希が14日、自身のツイッター(@iamyuuki4424)を更新し、今後の去就について語った。

 小林は昨年9月に2年契約でベフェレンに加入し、初年度はリーグ戦20試合で2ゴール2アシストを記録。しかし、今季はここまで1試合の出場にとどまり、直近の第5節クラブ・ブルージュではベンチ外だった。

 ベルギー『フットバル・クラント』によると、ベフェレンのニッキー・ハイエン監督はクラブ・ブルージュ戦後に「小林から他のクラブと交渉する許可を求められた。我々は彼に許可を与えた」とコメント。小林の退団希望が明らかにされた。

 この報道を受け、磐田時代の同僚である北海道コンサドーレ札幌のFWジェイは14日、自身のツイッター(@jaybothroyd)で小林に向け、「日本に帰る時間だ」とメッセージ。小林は「日本に帰るのはまだ早い」と泣き笑い顔の絵文字を付けて返答し、「何か新しいことに挑戦したい」と新天地を求めることを示唆している。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2020-21特集

TOP