beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[DFB杯]堂安、独移籍後初公式戦で先発も…4部クラブに惜敗でまさかの1回戦敗退

このエントリーをはてなブックマークに追加

堂安は後半33分で途中交代した

[9.14 DFBポカール1回戦 ロートバイス・エッセン0-1ビーレフェルト]

 14日に行われたDFBポカール(ドイツ国内杯)の1回戦で、MF堂安律の所属するビーレフェルトはロートバイス・エッセン(4部)と対戦し、0-1で敗れた。

 今夏の移籍でオランダ1部PSVから期限付きでドイツに渡った堂安が、初の公式戦に臨んだ。前日会見でウーべ・ノイハウス監督が示唆していたように、先発デビューを飾ることになった。

 しかし試合は4部クラブ相手に苦戦。序盤からボールを支配しながらゲームを進めたが、前半33分に先制を許して1点を追う展開になると、その後もなかなかチャンスを生かすことが出来ない。

 堂安は後半33分で途中交代。そして結局チームは、試合を通して相手の倍のシュート数である20本を放ったが、枠内シュートは2本と決定力を欠いて完封負け。まさかの初戦敗退となってしまった。

●海外組ガイド
●DFBポカール2020-21特集
●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP