beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

高体連から唯一のU-19日本代表候補合宿参加。青森山田主将、浦和内定DF藤原優大が決意新た「突き詰めていきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-19日本代表候補合宿に唯一、高体連から招集されたDF藤原優大(青森山田高)

 今回のU-19日本代表候補合宿に唯一、高体連から招集されたのが、浦和内定の注目DF藤原優大(青森山田高)だ。「ロールモデルコーチ」に就任した内田篤人氏の話を聞く機会もあり、「もっともっと突き詰めていきたい」と、新たな刺激を受けたようだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、高校年代最高峰のリーグ戦・プレミアリーグが中止という憂き目にあい、限定的に創設されたスーパープリンスリーグ東北で青森山田は圧倒的な強さを発揮している。プレミア王者の基準を保つという面では例年にない難しさもあるはずだが、キャプテンとして先頭に立ち、「コロナの状況で、チームの中でどれだけプレッシャーをかけられるかというスタンスでやっている」という。

 U-19日本代表候補は藤原の一つ上の世代が多く、高校年代とは違うプロの質、スピードを意識。「自分も来年からサッカー選手としてやらせてもらう。Jリーグで点を取っているようなFWばかりで本当に勉強になりますし、自分が(Jリーグで)通用するのかと考えながらプレーしています」。来季は同じ舞台に立つという意識を持って同世代のJリーガーと対峙する、貴重な機会となっている。

「合宿は明日が最後になりますが、もっといろんなことを感じて、それをチームに還元したり、自分の力にしたりしたい。次に(代表に)呼ばれるかは分からないですが、呼ばれた時にはさらに進化して戻って来られるようにしたいです」。高体連“代表”としての合宿参加。青森山田のキャプテンとして、自らが感じたものをチームに還元する使命感をにじませていた。

 藤原は青森山田中から青森山田高に進学し、来季の浦和加入が内定。中学から同じ進路をたどる一学年上のMF武田英寿(浦和)とは来季浦和で同僚になるが、今回は日本代表の一員として再会を果たした。「代表のエンブレムを付けて一緒にプレーするのはワクワクする気持ちがある。代表の中でやっていてもプレーは一番合うのかなと思うし、安心感があります」と絶大な信頼を寄せる。

 AFC U-19選手権は来年に延期が決まり、同世代との競争は続く。強烈なヘディングを武器とする藤原はCBとしての守備能力が高いだけではなく、ボランチもハイレベルでこなす。精密フィードやゲームメーク力も持ち合わせる万能型だが、「たくさんのことができる選手にならないと上のレベルでは通用しない。もっともっと自分のレベルアップが必要」と決意を新たにしていた。

(取材・文 佐藤亜希子)

TOP