beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

菅原AZ&北川ラピド・ウィーン、ともにCL予選3回戦で敗退

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF菅原由勢とFW北川航也

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)予選3回戦が15日行われ、DF菅原由勢が所属するAZ(オランダ)とFW北川航也が所属するラピド・ウィーン(オーストリア)がともに敗れた。

 ディナモ・キエフ(ウクライナ)のホームに乗り込んだAZは前半をスコアレスで折り返すと、後半4分に先制点を献上。同35分に菅原がピッチへ送り込まれるなど、反撃を試みたAZだったが、同41分にダメ押しゴールを奪われて0-2の完封負けを喫した。

 ラピド・ウィーンはゲント(ベルギー)のホームに乗り込んだ。しかし、前半36分に先制を許すと、後半14分に追加点を奪われてしまう。2点ビハインドで迎えた同41分に北川がピッチに送り込まれると、同アディショナルタイムにFWユスフ・デミアがゴールを奪うが反撃はここまで。1-2で敗れることになった。

 CLプレーオフ進出が叶わなかった両チームはELのグループリーグに回ることになる。

●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集

TOP