beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川真司はサラゴサ退団? 新天地はカタールの可能性も…西メディア「数日以内に移籍するだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

サラゴサMF香川真司

 日本代表MF香川真司は、今夏のサラゴサ退団に近づいているのかもしれない。スペイン『エル・デスマルケ』サラゴサ版が伝えている。

 昨夏にドルトムントからサラゴサに加入した香川。メディアが大々的に報じ、ファンからも大きな期待を寄せられていた日本代表MFは、スペイン2部で31試合に出場して4ゴールをマーク。昇格プレーオフでも輝きを放っていたが、ケガもあってシーズンを通じて安定したパフォーマンスを見せることはできず。当初の期待に見合うものではなかったと考えられている。

 そしてスペイン複数メディアは、ラ・リーガ1部復帰を逃したことで、サラゴサは高給取りである香川を手放したい意向であることを報じていた。

 そんな中『エル・デスマルケ』は、16日にジムナスティックと親善試合を行うサラゴサ22名の招集メンバーを報道。しかし、この中に香川は入っておらず、ラウール・グティとともに「急激な変化がない限り、両者は今後数日内にクラブを離れるだろう」と伝えている。

 同メディアによると、香川については「少なくともカタールのクラブから1つの重要なオファーが届いている」という。また選手本人は「紛れもなくスペイン残留を望んでいる」としつつも、「彼は期待されたすべての可能性を示すことはできなかった」と分析。退団が近づいていると綴っている。

 なおサラゴサ地元紙『エル・ペリオディコ・デ・アラゴン』は、香川の招集外は「グループ練習に合流したばかりのため」と報じている。いずれにせよ、去就が不透明であることは確かのようだ。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP