beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本代表、10月欧州遠征カメルーン&コートジ戦正式発表!森保監督「厳しい試合になると思いますが…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本サッカー協会(JFA)は16日、日本代表が10月にオランダ遠征を行うことを発表した。11日に反町康治技術委員長がメディア向けに明かしていたが、正式に発表された。

 国際Aマッチデーの期間に行うことになっており、10月9日にカメルーン代表と、同13日にコートジボワール代表と対戦。いずれの試合もJFAの主催試合となり、会場はともにユトレヒトにあるスタディオン・ハルヘンワールトで実施。ただし両試合とも無観客で実施される。

 なお、キックオフ時間やテレビ中継は現在調整中としている。

 森保一監督はJFAを通じて以下のようなコメントを発表している。

「新型コロナウイルス禍の状況下で試合開催のためにご尽力いただいた皆さんに感謝します。

 新型コロナウイルスの感染はまだまだ予断を許さない状況にあり、皆さんの生活もまだ制限をされている中、SAMURAI BLUE が試合をさせてもらえることに大きな意義を感じています。

 それは感染防止のため、制限された生活を受け止め、行動されている皆さんに私達の試合を通して元気や明日への活力を届けることだと考えています。

 カメルーン代表、コートジボワール代表どちらの試合も厳しい試合になると思いますが、皆さんに試合を観ていただき、『明日からまた頑張ろう』と思っていただける試合をオランダから届けたいと思います」

●カタールW杯アジア2次予選特集ページ

TOP