beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C大阪FW都倉の左足が神戸GK前川の顔面に…前川は流血、都倉は一発退場

このエントリーをはてなブックマークに追加

[9.16 J1第25節 神戸-C大阪 ノエスタ]

 ヴィッセル神戸のGK前川黛也が接触プレーで頭部から出血するアクシデントがあった。

 前半33分、セレッソ大阪にカウンターを許した神戸は、FW都倉賢にドリブルからのシュートを許す。しかし前川が落ち着いてセーブ。弾いたボールを抑えに行った。

 しかしこのときにこぼれ球に詰めようとした都倉と激しく接触。前川がボールを抑えたところにアフター気味に都倉の左足が入った。前川はおでこ付近から出血。都倉にはすぐにレッドカードが出され、前川はその場ですぐに治療が施された。

 出血があることで心配されたが、前川の意識ははっきりしているようで、テーピングを頭部に巻く処置が施される。約5分後にプレーが再開されると、すぐのプレーでFW柿谷曜一朗の強烈シュートが前川に飛んだが、しっかりと正面でキャッチした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP