beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J3秋田に罰金400万円…14年から85試合で入場者数を10%程度上乗せ「処罰は真摯に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jリーグは17日、ブラウブリッツ秋田に対して罰金400万円の処分を科した。

 秋田は14年開幕戦から19年開幕戦までのホームゲーム全85試合で、リーグ規約に則った算出法を用いずに入場者数をカウント。入場者数に算入できない運営ボランティア、運営スタッフ、出店者、メディアを少なくとも1試合平均75名から120名の10%程度上乗せしていたという。

 リーグは「J3加盟当初から約5年間もの長期にわたり、上記のとおり根拠のない数字および本来含めてはならない人数を入場者数として発表・報告してきた本件行為は、Jリーグへの信頼を大きく失墜させるもの」「2017年に類似の事案(入場者数の水増し)が明らかになった際も、自らの運用を顧みず、その後も本件行為を続けてきたものであり、その責任は重い」と憤慨。Jリーグ規約に則り、罰金処分とした。

 秋田は公式サイトで岩瀬浩介社長の署名とともに、「ファン・サポーターの皆様に深く、深く心からお詫びを申し上げます」と謝罪。「どんな時もチームと共に戦っていただいた皆様とクラブの信頼関係を大きく揺るがす行為であると深く反省し、Jリーグの懲罰決定について真摯に受け止めております」と反省の言葉を述べた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP