beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バイエルン指揮官がチアゴの去就明言「われわれに別れを告げた時、とても感傷的な気持ちになった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 バイエルンのハンジ・フリック監督が17日、次節シャルケ戦を控えた公式会見の場でMFチアゴ・アルカンタラの移籍を明言した。イギリス大手メディアは同日、リバプールへの加入が間近になっていると一斉に速報しており、間もなく正式発表されるとみられる。

 バイエルンの公式Twitter(@FCBayern)によると、フリック監督は「チアゴはとても卓越した選手で、ここにいた7年間にわたって大きな成功を収めた。彼は素晴らしい人間であり、並外れたプロフェッショナルだ。今日、ここでわれわれ全員に別れを告げた時、とても感傷的な気持ちになった」と述べた。

 イギリス『BBC』によると、チアゴとバイエルンの契約期間は残り1年間。リバプールが支払う移籍金は最大27億ポンド(約36億6660万円)とされている。

●プレミアリーグ2020-21特集
●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP