beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナルは依然としてパルティ&アワール狙うも…資金捻出のために売却が必須か

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFトーマス・パルティ、MFフセム・アワール

 アーセナルは、残りの移籍市場で中盤の補強を画策しているようだ。

 来季5シーズンぶりのUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得へ向け、補強を続けるアーセナル。すでにブラジル代表FWウィリアンをフリーで獲得し、リールからDFガブリエウ・マガリャンイスとの契約にも成功。さらにスペイン代表MFダニ・セバジョスの再レンタルも決定し、昨夏の時点で契約が完了していたDFウィリアム・サリバも合流した。また、先日には退団も噂された主将FWピエール・エメリク・オーバメヤンとの契約延長にも成功しており、順調に強化を進めている。

 プレミアリーグの移籍市場は10月5日まで開く中、アーセナルは現在ミケル・アルテタ監督が望む中盤の選手を探しているようだ。

 移籍市場のスペシャリストであるファブリツィオ・ロマーノ記者は、自身のポッドキャスト内でアーセナルに言及。以前から伝えられる通り、リヨンMFフセム・アワール、アトレティコ・マドリーMFトーマス・パルティの2人が未だトップターゲットであるようだ。

「アーセナルは、アワールかパルティどちらか1人でも獲得したいと考えている。彼らがターゲットだ。新たに選手を売却しなければ、現時点では(資金不足によって)両方獲得するのは不可能である」

 そしてパルティについては、契約解除金満額を支払はない限り、移籍は実現しないだろうとの見解を示した。

「アトレティコは、パルティが欲しければ契約解除金5000万ユーロ(約62億円)を支払うべきというスタンスを取り続けている。今の時点では、交渉で獲得することはできない」

「選手もオファーを待っている。もしアーセナルが今夏獲得しない場合、アトレティコと契約延長することになるからだ。アトレティコはオファーする準備ができている。だからこそ、彼は今後数週間の間にアーセナルがどうするつもりなのか、理解するために待っている」

 先日11年間在籍したGKエミリアーノ・マルティネスをアストン・ヴィラへ売却し、移籍金2000万ポンド(約27億円)を手にしたと見られるアーセナル。その他、ルーカス・トレイラやソクラティス・パパスタソプーロスらの放出も進めていると伝えられている。コロナ禍による財政ダメージを受けるクラブは、選手放出で資金をねん出する必要があると複数メディアが報じているが、アルテタ監督が望む中盤を強化することはできるのだろうか。

●プレミアリーグ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP