beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

琉球GK猪瀬が半月板損傷で全治約4か月…今季2度目の長期離脱に

このエントリーをはてなブックマークに追加
[故障者情報]

 FC琉球は18日、GK猪瀬康介(19)が負傷したことを発表した。診断の結果、半月板損傷と判明している。

 クラブ公式サイトによると、猪瀬は8月14日のトレーニング中に負傷。診断の結果、右膝内側半月板損傷と判明し、今月14日には手術を行った。全治まで約4か月だという。猪瀬は「今季2度目の長期離脱になってしまいましたが、またみなさんと戦うために今を大事にしていきます」とコメントしている。

 猪瀬は今年4月にも左肩上方関節唇損傷(SLAP損傷)で手術を行っており、全治約4か月と診断されていた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP