beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

帝京長岡を声と背中で牽引するMF川上航立主将、貴重なアシストも

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の全国4強の経験者。帝京長岡高MF川上航立主将は背中と声でチームを牽引

[9.13 プリンスリーグ北信越第2節 帝京長岡高 2-0 新潟明訓高 帝京長岡高G] 

 全国の厳しい戦いを経験した2年生ボランチは今年、帝京長岡高のリーダーとして堂々のプレーを見せている。この日、MF川上航立主将(3年)はMF三宅凌太郎(2年)のサポートを受けながら攻守に幅広い動き。中盤でボールを奪い取る回数を増やし、攻撃でも誰より多くボールに絡んでいた。

 スルーパスやサイドチェンジに加え、PAへ飛び込む動きでも存在感を放っていた川上は後半31分、前線の選手を追い越す形でPAへ飛び出す。そして、左サイドから冷静に上げたクロスで三宅のゴールをアシストした。

 川上は「三宅がほとんどセカンドを拾ってくれて、自分は前にいっぱい出れたので。三宅がやってくれました」と後輩ボランチに感謝。一方、先発として選手権ベスト4、プリンスリーグ北信越優勝の経験を持つMFはその技術でチームを落ち着かせ、背中と声でチームを力強く牽引していた。

「声で、取り敢えず経験している選手が少ないので、声で引っ張ることだけを考えてプレーしています」。守備は貢献度が高かった昨年のプレーを継続。そして、攻撃でも起点になっていきたい考えだ。

 黒子に徹しながら、ここぞのところでチームを救う働きをすること。「昨日、(明治大の)田中克幸がアシストを決めて、谷内田(哲平、京都)が毎日連絡くれているんですけれども、良い刺激になっています」と笑う川上は大学進学後の飛躍にも注目だが、まずは今年、チームリーダーとして先輩超えにチャレンジする。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ
●【特設】高校選手権2020

TOP