beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

日本人対決で久保建英の起用は? ビジャレアル監督「好きではないが…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人対決に臨むMF久保建英

 ビジャレアルウナイ・エメリ監督がレアル・マドリーから期限付き移籍しているMF久保建英について言及した。スペイン『アス』が伝えている。

 久保はラ・リーガ開幕戦となった13日のウエスカ戦(△1-1)で後半32分から出場。トップ下に入り、新天地での公式戦デビューを果たした。

 今季初勝利を狙うビジャレアルは19日、MF乾貴士とFW武藤嘉紀が所属するエイバルとホームで対戦する。前日会見に臨んだエメリ監督は19歳MFの現状に関し、次のように話した。

「タケには適応が必要だ。我々はもっと彼を必要としている。タケはあの時(ウエスカ戦)の15分と同じように貢献が求められる。彼はより多くエリアに足を踏み入れ、敵陣でより存在感を示し、エリアの中でも外でもボールを引き出し、最後のアクションにおいて直線的で決定的でなければならない」

 日本人対決でスタメン起用はあるのだろうか。指揮官は「私は先発やサブについて話すのは好きではないし、タケがプレーするためのものをチェックしているが、改善すべき点があるとも見ている」と明言はしなかったが、「我々は1試合1試合のプロセスで取り組んでいる。彼はもうプレーする準備ができているし、ゲームごとに確実に良くなっていくと思っている。タケは多くのゲームでプレーする予定だ。我々は彼が成長した時、とても重要な存在になってくれるのは分かっている」と長い目で期待する姿勢を示した。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集

TOP