beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

シティに大打撃…アグエロの離脱期間は最大5か月か

このエントリーをはてなブックマークに追加

負傷離脱しているFWセルヒオ・アグエロ

 マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督がFWセルヒオ・アグエロについて、さらに2か月の離脱を強いられる可能性があることを明かした。クラブ公式サイトが伝えている。

 アグエロは6月22日のプレミアリーグ第30節バーンリー戦(○5-0)で左膝を負傷。すぐにバルセロナへ渡り、有名な膝の専門医であるラモン・クガート医師の手術を受けていた。

 シティは昨季UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でベスト8に進出したため、今季のプレミアリーグ第1節が延期。初陣は21日の第2節ウォルバーハンプトン戦となる。グアルディオラ監督は試合前の記者会見でアグエロに関し、「彼の怪我が難しいことは分かっていた」と言及。「おそらく1か月か2か月で準備が整うだろう」と、まだ復帰には程遠いことを明らかにした。

 これにより、6月に負傷したアグエロの離脱期間は最大で5か月となる見込み。10月17日の第5節アーセナル戦、11月7日の第8節リバプール戦といった大一番も欠場する可能性があるとクラブはレポートした。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP