beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[MOM3212]北越FW安藤颯士(3年)_FW転向の新エース。新チーム公式戦初戦で決勝点

このエントリーをはてなブックマークに追加

北越高の新エース、FW安藤颯士は決勝点を挙げた

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[9.13 プリンスリーグ北信越第2節 北越高 1-0 松本U-18 北越高G] 

 新エースが新チームの公式戦初陣で決勝点を叩き出した。前半15分、北越高はMF長澤輝(3年)のFKのこぼれ球に反応したFW安藤颯士(3年)が右足ダイレクトでシュート。「感覚的に落ちてきそうだなと思って、そこはリラックスしてフカさないように抑えることを意識して」放った一撃が、松本U-18の注目GK神田渉馬(3年)を破った。

 チームにとってのファーストチャンスで見事に仕留めた10番は、「公式戦が初めてということでチーム自体が緊張していたと思うので、そこでファーストチャンスを決めれたのは良かったと思います」と笑顔。後半のビッグチャンスを決め切れなかったため、満足はしていない。それでも、ファインゴールでの決勝点によって、北越に今季初白星をもたらした。

 安藤は昨年のインターハイベスト8経験者。昨年は2列目からの鋭いドリブル、抜け出しが印象的だったが、今年は最前線に構える。「自分は(背負って)足元というよりは裏抜けの方が得意。スピードは結構自信があるので、自陣でキツくなったボールでも蹴ってくれれば追うので」。DFを背負ってのプレーはまだ課題が多いが、クリアボールでも相手が隙を見せればチャンスに変えてしまうほどのスピード。その安藤は守備での貢献度が高い。

 この日、安藤をマン・オブ・ザ・マッチに指名した荒瀬陽介監督は「今年は彼が点獲るかどうかのチームという中で今日しっかりファーストチャンスを決めてくれました。守備での貢献も大きいので、そういうところでも中心としてやってくれている」と評価。エースはプレー、チームメートを鼓舞する部分でも役割を果たす意気込みだ。

「責任を感じる部分もあるんですけれども、1試合で必ず1点決めるような気持ちでやりたいと思います。(昨年から)ポジションが変わったというのもあるんですけれども、ゴールが近くなったので、ゴールは常に意識しています。去年は(エースストライカーの庄内)碧に付いて行く感じだったんですけれども、スタイル的に違うので、プレーだけでなく鼓舞してやりたいと思っています」

 試合前はFWロベルト・フィルミーノ(マンチェスター・シティ)の動画をチェック。動きを参考にして、よりチームに貢献することを目指している。「去年はインハイベスト8で終わったので、日本一を目指しています」という安藤がゴール、それ以外の部分でも活躍を続け、今年は冬に北越を躍進させる。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ
●【特設】高校選手権2020

TOP