beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昨年名を上げた北越GK平山颯太。「今年は一切関係ない」の姿勢で努力続け、初戦を無失点勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

北越高の注目GK平山颯太は今季初戦で無失点勝利

[9.13 プリンスリーグ北信越第2節 北越高 1-0 松本U-18 北越高G] 

 激しい雨と相手の猛攻。「キツイと思ったんですけれども、そこはもう気合というか、苦しいですけれども、『頑張るぞ』みたいな感じで頑張りました」。北越高の注目GK平山颯太(3年)が今季公式戦初戦で無失点勝利を飾った。

 昨年、ハイボールの強さを示すなど活躍。インターハイ3回戦で青森山田高を封じて注目度を高めた。その平山は雨の中でキャッチするところとパンチングするところを判断良く使い分けながらの守備。安定したプレーを続けると、後半23分には至近距離からのシュートに反応してチームを救った。

「最初の公式戦で無失点試合をやりたいと試合前からずっと思っていて、1-0で勝てたので凄く嬉しかったです」

 1試合で幾度かあるピンチで止める北信越屈指の守護神。荒瀬陽介監督も「(彼の存在は)大きいですね。平山が安定しているので彼中心にある程度はしっかりと守れるのかなと思います」と信頼を寄せている。

 この日はDF陣の奮闘もあっての完封勝利でもあった。「自分は甘い言葉よりも厳しい言葉で後ろから『やるぞ、やるぞ』という感じで締めたんですけれども、それを全員聞いてくれていて、必死にゴール前で身体を張ってくれていた。ゴール前とか積極的に身体に当ててCKとかそういうシーンがいっぱいあったので、実際自分が止めるシーンはそんなに。DF陣には感謝しています」。自分の好セーブよりも、DFの頑張りを讃えていた。

 昨年、青森山田高からの勝利やインターハイ優秀選手に選出されたことで名を上げたが、それを引きずらずに新たな気持ちでシーズン開幕を迎えている。「去年の結果なので今年は一切関係ないと思ったので。初心にかえってというか、新しい自分を出して行ければ良いなと思って頑張ってきました」。長所のハイボール対応を伸ばしつつ、不足を感じていたシュートストップの部分での成長も貪欲に目指してきた。今年は今年。GKヤン・オブラクのようにシュートを止めて、信頼されるGKとなって、チームに白星をもたらす。

 この日は松本トップチームに2種登録されているGK神田渉馬(3年)との注目GK対決だったが、普段から相手GKのことはあまり気にしていないのだという。「相手どうこうよりも、自分が一番良いプレーができれば良いと思っているので」。まずは自分がゴールを守ることに集中。そして、無失点を続けてプリンスリーグ、選手権で白星を重ねる。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●高円宮杯プレミア&プリンスリーグ2020特集ページ
●【特設】高校選手権2020

TOP