beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2得点演出の清水ユースMF青島健大主将。ラストの質、ゴール求める

このエントリーをはてなブックマークに追加

清水エスパルスユースの10番MF青島健大主将は2得点を演出

[9.21 SBSカップドリームユース1回戦 清水ユース 3-1 U-16日本代表 草薙球]

 清水エスパルスユースの10番MF青島健大主将は前半18分に右サイドからの折り返しで相手オウンゴールを誘発し、後半には中へ運ぶドリブルからFW東廉へスルーパスを通してアシスト。切り替えの速い攻守と運動量、そして鋭いドリブル含めてチームを牽引した。

 この日の前半は、清水ユースの後輩SB石川晴大とマッチアップ。「自分のサイドのマッチアップだとは思っていなかったのでびっくりしたけれど」と微笑みながらも、貫禄のある動きで突破口となっていた。

 その青島は自身の課題について、「アタッキングサードの質やゴールの部分というのが、自分の中で求められていると思う」と分析する。この日は持ち味を発揮してゴールを演出したが、無得点。改善することを常に意識しながら今後の練習・試合に取り組んでいく。

 U-15日本代表、U-16日本代表に選出された経歴を持つ注目MF青島は、ユース最終年でキャプテンの大役を担う。より責任感が高まり、自身の姿勢も変わってきているようだ。「自分はあまり声出すタイプじゃないんですけれども、キャプテンになってからはチームのためにも声を出そうと」。プレーだけでなく、声でもチームを引っ張り、勝利へ導くことを考えている。

 SBSカップドリームユースサッカーは残り1試合。「みんなで絶対に優勝してやろうと思っていました」という今大会で優勝するために、磐田U-18との決勝でもチームの先頭に立って戦い、ゴールを決めて勝つ。

(取材・文 吉田太郎)

TOP