beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3バック浸透の王者・横浜FM、3戦連続3ゴールで3連勝! 絶好調FWエリキが4戦6発

このエントリーをはてなブックマークに追加

MFマルコス・ジュニオールが先制弾

[9.23 J1第18節 横浜FM3-1仙台 日産ス]

 J1リーグは23日、第18節を各地で行い、横浜F・マリノスベガルタ仙台を3-1で破った。前半10分に先制点を献上したが、MFマルコス・ジュニオールの今季11点目とFWエリキの2ゴールで逆転。新システムの3-4-2-1の熟成進む昨季Jリーグ王者が3試合連続の3ゴールで3連勝を果たした。

 ホームの横浜FMは前節鳥栖戦(●1-3)から中3日での一戦。先発3人を入れ替えてMF喜田拓也をリベロで起用し、DF高野遼、MF渡辺皓太、MF扇原貴宏が新たに入った。対する仙台は前節FC東京戦(●0-1)から中2日。一挙9人を変更し、引き続き先発したのはDF平岡康裕とFWジャーメイン良のみとなった。

 前半4分、左サイドに開いた位置からカットインしたFWジュニオール・サントスがシュートを狙い、相手に阻まれたこぼれ球にMF水沼宏太が反応。仙台守備陣が集中力高く対応したが、横浜FMがさっそく決定機をつくった。

 それでも仙台はその後、ハイライン裏に抜け出す形で次々と好機を迎えると、先にスコアを動かした。前半10分、高野から扇原へのパスをFWアレクサンドレ・ゲデスがカットすると、そのまま前を向いてミドルレンジから右足を一閃。鋭いグラウンダーシュートが左ポストに当たってネットに吸い込まれた。

 ビハインドとなった横浜FMだったが、依然として主導権をキープ。前半25分、マルコスの振り向きざまのパスに抜け出したエリキのシュートはGK小畑裕馬のビッグセーブに遭ったが、41分に同点弾。J・サントスのキープから右サイドをエリキが抜け出すと、マイナスのクロスにマルコスが反応し、右足ダイレクトでネットを揺らした。

 後半は大雨でピッチコンディションの悪化もみられる中、横浜FMが得点を重ねた。まずは前線からの激しいプレッシングで追い込んだ後半25分、左サイドでJ・サントスが二度にわたってボールを奪うと、中央への折り返しはマルコスがスルー。このボールはMF中原彰吾にカットされたが、すぐさまエリキがボールを奪って左足でネットに突き刺した。

 さらに後半30分、今度は自陣でのパス回しで相手のプレッシングをいなすと、マルコスが相手の最終ライン裏にスルーパスを供給。これに抜け出したJ・サントスのシュートは小畑に阻まれて軌道が変わったが、エリキがボールに追いつきワンタッチで押し込んだ。エリキは直近4試合で6ゴール目となった。

 横浜FMは後半33分、前線の3枚を総入れ替えしてFWエジガル・ジュニオ、FW前田大然、FWオナイウ阿道を一気に投入。その後も攻勢を緩めず、何度も決定機をつくった。オナイウ、エジガルのビッグチャンスが小畑の好守に阻まれ、得点を積み重ねることはできなかったが、横浜FMが攻め続けるままタイムアップを迎え、勝ち点3を奪った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J1]第18節 スコア速報

TOP